いじめられっこのその後の人生

幼稚園、小、中といじめを受けてきた人間がどう思い生きているのか、自分の人生を振り返りながら、整理して記録していきたいと思います。

いじめられっこの人生、小学生編

さて、小学2年生で近所に引っ越しをして学校も変わり、心機一転と僕はワクワクしていましたが、、結局の所は転校し2か月くらいでまたいじめに合うことになります。

 

僕のいじめは陰のいじめがメインです。小学校時代の半分は学校に行っていません。

いじめられっこと言っても一部の人からは仲良くさせてもらいましたので、行っては休んでを繰り返していました。

 

具体的ないじめの内容は典型的なものです、上履きを隠されたり、悪口をかかれた紙を机に入れられたり、後ろからえんぴつでつつかれたりです。一回給食の時間に女の子に橋で目の下を突かれた事がありましたが、当たり所が悪かったら失明していましたね。

 

陰のいじめは先生に見つかることも合えば、見つからないこともありました。

学校の先生というのはそうゆういじめ問題を学校内で処理しようとする傾向にあるので、生徒から直接親に言わない限りはいじめの内容は親には伝わらないものです。

それもそうです、手のかかる小学生や保護者の対応、教育委員会への報告など教師は多忙なのですから、そんな熱い心差しで熱心な教師など滅多にいるはずもないのです。

 

現に僕はいじめの内容は言わず、体温計をお湯で温めたり、病弱の振りをして学校を休んでいました。親にいじめを受けていると報告したのは小学6年生になってからでした。

 

小学校、中学校の学校生活なんて僕からしたら良い思い出のほうが限りなく少ないのですが、唯一財産になったのは10年以上の付き合いになる親友ができたことです。

小学校、中学校のとき僕が不登校で学校に行けてない時にたまに学校に行くと、いじめを知らない人は興味本位で何で休んでるの?と聞いてくるのですが、彼らだけは必用には聞かず、お前が話したい時は何でも聞くからっとだけ言って深く聞こうとはしませんでした。

友達だからこそ言いにくい事もあります、いじめの話をするのは彼らより劣っている気がしてしまう。対等じゃなくなってしまう気がする。

そんな僕に彼らはただ何も聞かず対等に寄り添って友達でいてくれました。

 

いじめを解決する方法は、信用できる大人や親に話すか、話しても解決しない場合や信頼できる大人がいない場合は自分自身でじっと耐えるか逃げるか戦うしかないのだと思います。

僕の親は良い人達だったので一生懸命になってくれましたが、それでも解決まではしませんでした。

 

僕は戦ってみたり、耐えてみたり、耐えきれない時は逃げたりして高校まではすごしていました。

 

とりあえず友達とゆうのは寄り添ってくれるだけで心が救われる、本当にありがたい財産なのだと思います。

 

こんな僕によくしてくれた友人、家族に恵まれた事に感謝を